犬の命をフィラリアから守るストロングハートについて

事前に防止する

青いスカーフを巻いた犬

ストロングハートの効果を紹介する前に、フィラリアの脅威について知っておきましょう。ストロングハートを使用していないとフィラリアの危険性が高くなりますので、今ストロングハートを使用していない方は、既に愛犬がフィラリアに感染している場合があります。以下の症状に心当たりがあれば、直ぐに病院に連れて行ってあげましょう。
フィラリアは心臓や肺動脈といった血液循環の際に需要になる部位に寄生します。循環系に多大な影響がでますので、全身にさまざまな症状が現れます。
主な症状としては、咳や食欲不振、お腹の膨張、赤い尿などが見られます。これらの症状が1つでも見つかった場合は、フィラリアを疑いましょう。
フィラリアの症状を放置しておくと、ある日突然死してしまうこともありますので、早期発見と早期治療が望まれます。

フィラリアの主な感染経路は蚊です。フィラリアを保有している蚊に血を吸われた際に感染し、血中で成長した後に心臓に寄生します。
犬は外飼いも多く、室内飼いの場合も散歩で外に連れ出すので、感染経路を断つことは不可能です。だからこそストロングハートによる予防が求められています。
ストロングハートを使えば身体の中でフィラリアの成長を防ぎますので、寄生を根本から防ぐことが可能です。
蚊に噛まれることを防ぐよりも、ストロングハートで予防するほうが現実的なので、感染する前にストロングハートでの予防を始めましょう。
既に感染している犬にはストロングハートが利用できない場合もありますので、先手を打って予防を行う必要があります。