犬の命をフィラリアから守るストロングハートについて

既に感染している場合は要注意

前足で首を掻く猫

ストロングハートはチュアブルタイプという薬で、おやつ感覚で与えることが可能になっています。
動物病院で行うフィラリア予防は注射が多く、愛犬にとっても大きな負担になってしまうのですが、チュアブルタイプのストロングハートなら、喜んで食べてくれるでしょう。
効果は一ヶ月間持続しますので、月に一度の特別なおやつとして与えましょう。

ストロングハートはフィラリアはもちろん、お腹の中にいる回虫などの寄生虫にも効果を発揮しますので、体内に巣食う寄生虫を効率よく駆除することができます。
虫を駆除するだけでなく、成長を妨害する作用がありますので、ストロングハートを一度使用した後は寄生虫から守られた状態が続きます。
犬の体の大きさによって薬の量も変わってきますので、愛犬の体重を正確に把握し、適切な分量のものを購入しましょう。

ストロングハートを使う際に絶対に気をつけていただきたいのが、既にフィラリアに感染している犬に使用する際です。
ストロングハートは殺虫成分が含まれていますので、既に寄生しているフィラリアを駆除することはできるのですが、心臓にフィラリアが寄生していた場合は死骸が心臓に負担をかけて、愛犬がショック死してしまう可能性があります。
もしもフィラリア感染が疑われる場合は、薬を使う前に動物病院で診てもらいましょう。様子を見ながら薬を使っていくこともありますし、場合によっては手術で摘出する場合もあります。
あくまでストロングハートは予防薬として使うことになりますので、感染そのものを防げるようにしておきましょう。